topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過は順調です - 2012.06.24 Sun

骨折してギブズ生活1週間が経過した木雪ですが、昨日、獣医さんで診断していただき、経過は順調とのことでした。

今ではギブスでしっかり家の中を歩いています。さすがに外の散歩は無理ですので、絽依君、香杏君の散歩時に一緒に抱いて連れて行っています。

コツンコツンとギブスの音をさせてゆっくり廊下に置いてあるトイレに向かう木雪さん、最初の頃は不憫で可哀想と思いましたが、本人はこの状態に慣れたようです。

ギブスの手を前後に動かして (曲がりませんから真っ直ぐなままですが・・・) 上手にバランスを取って歩いています。

筋肉を退化させない為にも家の中は歩かせた方が良いでしょうし、何より本人がじっとしているのが嫌いな子なので好きなようにさせています。

ただすっかり甘えたちゃんになってしまったようで(笑) 私の膝の上にいることが多くなりました。そして男の子たちにも木雪ちゃんの異変がわかるのでしょうか。

絽依君と香杏君は遠慮がちです。今まで香杏君は木雪ちゃんが私の膝の上にいると、その隙間に飛び込んで来ていたのですが、今はおとなしく絽依君と一緒にベッドに中にいます。

木雪ちゃんがおとなしいとバトルもありませんし・・・(笑) 暫らくは平和な日々のようですね 

20120624k-1.jpg
ちょっとお疲れ顔の木雪ちゃんです

20120624k-2.jpg
香杏君と絽依君 本当に仲良しGカップルです(笑)
スポンサーサイト

木雪ちゃんの災難 - 2012.06.17 Sun

昨日は午後から声楽のレッスンがあり、ワンずを夫に預けて出掛けたのですが、夕方、 「木雪がベッドから飛び降りて骨折した!!」 と夫から電話がありました。

『ポメラニアンは骨が弱く、ベッドやソファから飛び降りて骨折なんてことがよくあるから注意』 と聞いていましたから、私はベッドで一緒に寝る時も、ワンずがひとりで降りないように気を付けていました。

『どんな状況で木雪がベッドから飛び降りたのか』  詳細を聞くと、結局夫を責めることになってしまうので、夫が話したこと以上は訊ねませんでしたが、夫が言うことには

「木雪がベッドから飛び降りようとしたので、急いで支えようとしたところ支えきれず、結局その為に弾みがつくような形で前足から床に落ちてしまった・・・

きゃんきゃんひーひー泣くので急いで獣医さんに連れて行き、レントゲン撮影。その結果右の前足首を骨折していることが判明した。

骨折してすぐだったので、手術をしなくて済み、麻酔をかけて足首を伸ばし、そのままギブスで固定」 とのことでした。

麻酔から覚めきっていなくてぶるぶる震えていた木雪は一回り小さくなってしまったようで、頼りなくて涙が出てしまうほど可哀想な姿でした。

絽依君と香杏君は一晩夫に預けて、昨夜はずっと木雪の横で過ごしました。いつもは気丈な木雪も何が起こったのかわからなくて不安だったのでしょうか、すっかり甘えん坊になってしまいました。

本日も夕方まで木雪とずっと一緒にいましたが、食欲が出てきたようでして、フードをしっかり食べ、綺麗なウンもしました(笑) から一安心です。

木雪は頑張り屋さんなので、不自由な手でなんとか歩こうとしています。ギブスさえ外さなければ歩くのは構わないとのことですので、本人がしたいようにさせています。

夕方、絽依君と香杏君と一緒にさせてみました。男の子たちはもともとおとなしい子たちですし、木雪の異変に何か感じるところがあったのでしょうか。

遠慮がちに木雪ちゃんがいるベッドに入り、3頭でおとなしく寝ています。絽依君が木雪ちゃんにちょっとしつこくちょっかいをだし、木雪姐さんに怒られてきゃーきゃー言っていましたが・・・

20120617k-1.jpg
早くギブスが取れるといいね 木雪ちゃん・・・

20120617k-2.jpg
ギブスは1カ月間外せないそうです


一週間ごとにギブスを外し、麻酔をかけて縮んだところ?を引っ張るのだそうです。先生によると、今の若い獣医師は骨に金属を入れた外科手術をしたがる?のだそうですが、細い骨を砕いてしまうこともあるのだとか・・・

ワンコ友達に紹介していただいた獣医さんは、とても経験豊富で、危険だったり無駄な手術はしないという本当に信頼できる良い先生ですので、安心して任せることができます。

木雪ちゃん、昨日よりは随分元気になりましたからこのまま順調にいけば回復が早いかなと思っています。

Happy birthday to Koyuki ♪ - 2012.05.03 Thu

本日木雪さんは1歳のお誕生日を迎えました 

お隣の焼津市まで、誕生日用のケーキ  を買いに出かけました

20120503k-1.jpg
木雪さん 何故か外の景色に興奮気味(笑)

20120503k-2.jpg
「ちょっと運転してみようかしらん  」

20120503k-3.jpg
「ブッブー 邪魔ですよ~ どいてくださあい」 


20120503k-4.jpg
「もっとスピードでないかなあ・・・」


20120503k-5.jpg
「いけいけどんどん」 思わず前傾姿勢になっている木雪さん 


20120503k-6.jpg
「楽しかったわん」 満足顔です(笑)


20120503k-7.jpg
木雪さん すっかり大人顔になりました

20120503k-8.jpg
クリームチーズサンドとムースのカップケーキを買いました


絽依君と香杏君も一緒にケーキを食べて、皆満足顔でした(笑)

木雪ちゃん、お誕生日おめでとう。元気いっぱい、疲れ知らずの木雪ちゃんに、へっぽこママは振り回され気味ですが・・・楽しい毎日をありがとう♪

絽依君、香杏君といつまでも仲良く喧嘩してね 

木雪姐さん 遂に女に - 2012.03.25 Sun

遂に木雪にヒートが訪れました。

女の子は通常、生後7カ月から8カ月頃に初潮を迎えるのだと聞き、去年の暮れあたりから気にはしていました。

でも我が家の女王様は やたらと強いし   女らしくない (もしかしたら飼い主そっくりかも 汗)!! そんな素振りは全く見せませんでした。

ところが1週間ほど前でしょうか。彼女にちょっとお印のようなものがありまして、????? と思っていたのですが・・・・

いつもは、お尻を追っかけまわす2頭の男の子たちに、強烈なパンチ!! を食らわせ、    「しつこい!あっちいけっ」 とばかりに追っ払っていたのですが

朝から、香杏君の上でマウンティングしちゃってるし  妙に色っぽいしで いつもの木雪じゃないみたいです。

更に普段はおとなしい絽依君、香杏君も、木雪のそんな行為に刺激されたのか、3頭がぐちゃぐちゃになりながらの大騒ぎです。

留守番時のゲージは、女の子と男の子を分けているのでに問題ないのですが、朝晩、室内でフリーにした時が大変なのです。片時も眼を離すことができません

「生後1年未満ではまだ身体が出来ていないから、最初のヒートの時の繁殖は駄目だよ」 と獣医さんから聞いています。それで女の子用の可愛いパンツを買いました。

木雪姐さんはパンツを履いて窮屈そうにしていますが、暫くは我慢してもらいましょ(笑) しかし一体いつまでこの状態が続くのやら・・・

20120325k-1.jpg
木雪姐さん すっかり大人顔になりました


20120325k-2.jpg
流し目もなかなか(笑)


20120325k-3.jpg
私の膝の上にいるとすぐ眠くなっちゃうみたいです


20120325k-4.jpg
一番成長を感じさせてくれるのは木雪かもしれません・・・

大いなる誤解? - 2011.12.21 Wed

木雪に対して私は少し冷たかったのかもしれないと反省しています。

私の手をペロペロ舐めてすぐお腹をみせる絽依や私が座ると即、膝の上に乗り甘えてくる香杏とは対照的に、木雪は好奇心旺盛、独立心が強くヒトに甘えない性格だと思ってきました。

男の子二人が私の膝の上でまったり甘えている時、木雪は遠くからそれをじっと見ていて、ふんっ と横を向くちょっと天邪鬼な子 (←私とよく似ているかもしれません 笑)

でも本当は寂しがりやでまだまだ私に甘えたいのかもしれない、私が勝手に「木雪は甘えない」 と思い込んでいただけなのかもしれない・・・大いなる誤解だったのでは?

何処かに出掛ける時はついついおとなしい男の子のどちらかを選んでしまい、木雪はいつも留守番組になってしまいます。コンタ (夫) が遊んでくれるのでそれでいいのかなと思っていたのですが・・・

在る時、コンタから言われました 「木雪は本当は凄く甘えん坊なんだと思うよ、独占欲も強い子なのに、後から来た絽依や香杏に愛情を取られたと思っているんじゃないのかな?」

そういえば、私はいつも木雪を優先してはいるけれど、皆が均等になるように接してきました。それに甘えて来る子はやはり可愛いのでついついそのまま甘えさせてしまいます。

でも本当は、「甘えたくてもなかなか素直に甘えられない子」 のことをしっかり考えなければいけなかったのかもしれません。

正直な話、木雪が我が家に来てワクチンの関係で散歩が出来なかった頃、私は何処か木雪を持て余しちゃっていました。元気いっぱいの彼女と家の中でどう遊んでいいのかわからない・・・

しっかり木雪に向き合わないまま、その役目を次に迎えた絽依に負わせてしまったように思います。幸い彼は木雪のことが好きで 「いつも一緒にいたい♪」 というような子でしたので助かったのですが・・・

木雪は勘が鋭くて頭の良い子です。彼女の前ではなかなか誤魔化しが通じない(苦笑)

コンタに言われてから、いの一番に私の膝の上にぽんと乗ってくる香杏を制して(笑) まず木雪を呼び、彼女から膝に乗せるようにしてみました。

木雪は呼べば急いで来て膝の上で甘えるようになりました。そしてそのままブラッシングや歯磨きもおとなしくさせるのですね、本当に可愛い♪

仔犬時代のお転婆ぶりはまだまだ残っていますが、やはり少しづつ大人になり落ち着いてきているようです。


私は「ワンず皆に均等に」 ということばかりに気を捉れ、ひとりひとりの隠れた個性をちゃんと見ることを忘れてしまっていたように思います。

香杏は木雪がいてもめげずに隙間目指して飛び込んできます。絽依は控えめな子なので、膝の上よりも私の横にぺったりくっついている方がよいみたいです。


確かにおとなしい子は扱いやすいし、何処へでも連れてゆくことができます。でも周囲をきょろきょろして状況を把握しようとする木雪は見ていて楽しいですし、その好奇心旺盛な仔犬らしさに愛おしさを感じます。

木雪に関してはもっと小さな頃に思う存分甘えさせてあげれば良かったなあと、今ちょっと反省しています。


そうそう、今朝の出勤時、玄関を出ようとすると珍しく木雪が吠えていました。毎朝、散歩→食事→ブラッシング&歯磨きが終われば皆、ケージに入れるのですが、我が家の子達はその後は全く吠えません。

どうしたのだろう? とワンずのいる部屋に戻りますと、 「臭っ」

なんと木雪ではなく絽依がケージ内でうん○をして、踏み潰していました(あせっ) 木雪は吠えて私に教えていたのですね。なんてお利口さんなのでしょ!!(笑) 

絽依のケージは木雪のケージの上なのですが (2階建てアパートです 笑)、 きっと上から匂ってきたのでしょう。 うんを取り、ケージ内の掃除をして木雪のケージを覗いたら、彼女はもう眠っていました。


ワンずたちが吠えるのにはきっと何らかの理由があり、決して無駄吠えしているわけではないのですね。それを飼い主はきちんとわかってあげなければいけないのだと思います。

尤も私の帰宅時の わんわん (木雪)  ぎゃーぎゃー(絽依)  ひーひー(香杏) はちょっといただけませんが・・・(笑)


20111221k-1.jpg
日曜日の午後 木雪を連れて静岡市葵区にある常磐公園へ出掛けました

20111221k-2.jpg
「この公園は初めて来たけど ワンコはいないのかな?」

20111221k-3.jpg
「ちょっと おしっこ したくなっちゃいました」

20111221k-4.jpg
「誰かいませんか~?」

20111221k-5.jpg
「あ 誰か来たわん♪」

20111221k-6.jpg
チワワのおとなしい女の子でした 遊び友達にはなれなかったみたいです(笑)

20111221k-7.jpg
2011年12月11日 静岡市葵区常磐公園にて撮影

孤高の戦士 - 2011.12.01 Thu

27日の日曜日は、虹の橋のたもとへ逝ってしまった3代目ポメラニアンの Sheri (シェリ) を通じて知り合った、ちわわんさんが主催されたオフ会に参加させていただきました。

私的には3ワンずを連れて参加したかったのですが、さすがにひとりで3頭の面倒は見きれないだろうなあ・・・それに木雪さんは食事するところでは 絶対無理 だし(あせっ)

(何しろ木雪さんは絽依君や香杏君のフードを狙うほどガツガツしているのです、3頭にはほぼ同じ量を与えているのですが、何故か木雪さんだけが 「もっとよこせ~」 とねだりますし、目の前に食べ物があったらどうなることやら)

ということでコンタ(夫) に木雪さんと香杏君を預けて絽依君だけを連れて参加させていただきました。あ、絽依君のおとなしさは実証済みです。以前、ちわわんさんと食事をした時も私の横でじっとおとなしくお利口にしていました。

最初の予定では絽依君と香杏君を連れてゆくつもりでしたが、木雪さんだけひとりが留守番ではやはり可哀相・・・それに香杏君も普段はおとなしいのですが、食事場面での経験は未だなく、彼が食べ物を目の前にして変貌するのかしないのか・・・未知数です。

それで木雪さんと香杏君2頭はコンタの実家で留守番ということになりました。尤もコンタは2頭を上手く遊ばせてくれると思いましたので、別に何の心配もしていませんでした(コンタは木雪が一番可愛いといつも言います 笑)

さて、オフ会では日本平から久能山東照宮へ出掛け、その後テラス席のあるレストラン?で食事をしましたが、やはり絽依君はおとなしかった(笑) キャリーに入れておけば出てこようともしません。尤も彼はかなり疲れていたようでしたが・・・

20111130k-1.jpg
キャリーバッグの中でお疲れ気味の絽依君です(笑)

20111130k-2.jpg
少しは男の子っぽい顔つきになってきたでしょうか・・・

20111130k-3.jpg
絽依君 呆然自失状態?

最後の集合場所である駿府公園はコンタの実家から近かったので、途中で車から降ろしていただいて一旦実家に戻り、3頭を自転車の籠に入れて再度参上しました。

3頭は毎度のことながら(汗) リードが絡まってしまうほど、好き放題にバラバラの動きをするのですが、いつも3頭でいるからでしょうか、やはり絽依君も皆、揃っている方が嬉しそうに見えました。

帰宅後、コンタに言われました 「木雪がちょっと可哀相だった。カンスケ (え?香杏君のこと?) はマイペースだから、日向ぼっこしながら居眠りしていて、遊びたい木雪はひとりで所在無げにしていたよ」

20111130k-5.jpg
常に我関せず マイペースの香杏君です

20111130k-6.jpg
すっと自分の世界に入っていっちゃうみたい(笑)

そうでした、いつも木雪さんのお相手は絽依君がしているのでした。とはいえ毎回ちょっかいを出すのはほとんどが絽依君で、結局バトルに負け、最後には木雪さんに押さえつけられてキャーキャー泣いて助けを求めるのですが・・・

木雪さんは絽依君にちょっかいを出されるたびに 「うざっ」 と怒っているのかと私は思っていたのですが、バトルが終われば絽依君の耳掃除なんかもしちゃってあげているのですから、案外絽依君のことが好きなのかなあ???

20111130k-7.jpg
絽依君の耳掃除をしている木雪姐さん ふたりにとって至福の時なのかもしれません(笑)
 
それに絽依君を叱っていると、(絽依君、家では甘えからか、ちょっと気に入らないことがあるとぎゃーぎゃー泣きます) 後ろから私の背中をちょんちょんと突いて私の顔をじっと見つめる時があります。

その顔はまるで 「おかーさん、あまりその子を叱らないで」 とでも言っているようにも見えるのですよ。木雪さんは絽依君を幼くて可愛い弟ぐらいに思っているのかもしれません。

そんなことを思っていましたら、今朝はなんと木雪さんと香杏君が絽依君の奪い合いを始めていました(滝汗)  あ、そうそう我が家は Gカップル と言いますが、男の子同士が仲良く寄り添ってひとつのハウスで寝ているのです。

一度など、ケージのハウス内で絽依君がなんともいえない顔をしていましたので絽依君の背中をふと見ますと・・・な、なんと香杏君が絽依君の上に乗り妖しい腰つきを・・・(滝汗)

20111130k-4.jpg
絽依君 & 香杏君の仲良し Gカップル♪ ビューティーペア? です

そんなこともありましたが、散歩は二頭並んで同じペースで歩きますし、ほとんどいつも絽依君と香杏君はくっついてまったりしたり眠ったりしています、同じようなおっとりした性格なので気が合うのかもしれません。 

もとい、今朝の話でした。香杏君と絽依君が私の膝の上でまったり (いつも一番先に膝の上に来るのは香杏君です) していたら、何を思ったのか木雪さんがその間に割り込み、絽依君の耳を舐め始めました。

どちらにもいい顔をしたい日和見主義の絽依君が嬉しそうに木雪さんの顔を舐め返した瞬間、普段はおとなしい香杏君が

「僕の彼女 (え? 絽依君は おかま じゃなくておのこですけどぉ・・・あせっ) に手をだすな」 

と言わんばかりに珍しく 「う~」 と唸ったのです。すると

「なによっ 新入りのくせに生意気な!!」 

と木雪さんが香杏君に噛みつきまして、珍しくわんわんきゃんきゃん木雪さんと香杏君のバトルが始まりました。

そういう時の絽依君はこれまたちゃっかりしていまして、「なんだか知らないけど勝手にやってください」 的な感じで知~らん顔をして私の手を舐めているのですね。

不思議なことに 木雪さん VS 絽依君  

又は 木雪さん VS 絽依君&香杏君 はしょっちゅう 

そして稀~に 絽依君 VS 香杏君 はありますが (ハウスの中で静かにやっています 笑)

木雪さん & 絽依君 VS 香杏君 とか 

木雪さん & 香杏君 VS 絽依君  という組み合わせは今迄ありませんでした。

気弱なおのこ子同士は結託したり、または気弱なおのこ間でちょっとしたバトルはありますが、元々木の強い木雪さんはおのこたちとは異なり、どちらとも結託しませんし、いつもひとりでおのこ相手に頑張っています。

木雪さんはひとりで戦う 孤高の戦士 なのかもしれません。 時々幼い絽依君の方が年少さんかと勘違いしてまうのですが、何度も書いていますが、木雪さんが一番年少さんなのです。

私的にはそんな木雪さんが、たとえ問題児であったとしても(笑) 健気で本当に可愛いなあと思うのですよね。

木雪ちゃん、あんたが一番!!カッコいいよ~♪

20111130k-8.jpg
孤高のアマゾネス 木雪さん


香杏君を迎えて - 2011.11.24 Thu

5代目ポメラニアンの絽依君、そして6代目に当たる香杏君を迎えたのがあまりにも突然のことでしたので、こちらのブログタイトルもその都度変更になり、皆様にご迷惑をお掛けしています。

元々は ただ単に 木雪日和 (こゆきびより) でした

それが絽依君を迎えて 木雪日和・絽依徒然 (こゆきびより・ろいつれづれ) になり

更に香杏君が加わりまして 木雪日和・絽依香杏徒然 (こゆきびより・ろいかあんつれづれ) とまたまた変更になってしまいました。

リンクしてくださっている方々には本当に申し訳なく思っております。今後ブログタイトルがこれ以上長くなることはないと思いますが、最初の 「木雪日和」 のままでも勿論、結構です。

ほとんど計画性のない私 (常に行き当たりばったりです 汗) はいつも走りながら考えているようなタイプですので、何事も後から収集がつかなくなり、大騒ぎすることになります。

ただ3頭目を迎えるにあたっては、先住の2ワンずがそろそろ大人になってきていますし、この子自身が大人のようだから大丈夫かな? と私なりに一応考えたつもりです。

可愛いからと無責任かつ無分別に家族を増やしてしまったら、それこそ崩壊して、不幸な子を作ることになってしまいます。

我が家の2代目、3代目のポメラニアンはそういう不幸な境遇から里親探しのボランティアさんによって救われ、縁あって家族になった子達ですから、そのことについては私も充分心得ているつもりです。

出勤前と帰宅後の慌しさは散歩が朝晩2回、計4回になったくらいで、それほど変わっていませんし、香杏君は本当におとなしくて落ち着いたお利口な子です。先住の子達のお手本になるかもしれません(笑)

初日はあちこちマーキングして、困ったなあと思ったのですが、それも今はなくなりました。多分自分の匂いを新しい家に付けていたのでしょう、落ち着かなかったのだと思います。

おしっことうんは朝晩決まって2回、(外に出すまで我慢しているようです) ケージから出せば大好きなふわふわクッションに寝そべり、木雪さんと絽依君のバトルを何処吹く風とばかりに眺めています。

時々木雪さんが喧嘩を売っていますが、大人の彼は買いません(笑) ちょっと手を出して木雪さんの攻撃を避け、後は知らん顔をして無視しています、偉いなあ、香杏君 ♪

でも木雪さんのことは気に入ってくれているようでして、三人仲良く重なって眠っていることもあります。ご飯の催促も三人仲良く並んでしてくれますし(笑)

・・・と3ワンずとの生活は結構慌しいですが、充実した時間でもあります。昼間は留守番をさせてしまっていますから、せめて一緒にいられる時間は精一杯、私自身楽しもうと思っています。

今この子達といるこの一瞬は二度と帰ってこないのだと思うと、うんこ取りや掃除の時間すらも愛おしくなります。

そしてこんな風に甘えてくるのももしかしたら今だけ? パピーたちも香杏君のように少しづつ落ち着いてゆくのだろうかとちょっと寂しく感じる時もあります。

勿論香杏君も甘えてきます。でも彼はちゃんと私の状況を見極めてくれていて、「今は忙しそうだから、ここでおとなしく待っていよう」 的な発想をする子のようです(笑)


そんなわけでPCに向かう時間が本当に少なくなっているのが現状です。

こちらもあちこち工事をせねばと思いながら、なかなか時間がなくて、そのままになっちゃっています (タイトルだけは変更しておきました・・・)

昨夜、本当に久し振りに私の写真ブログ エチュード に三人模様を更新しましたら、その後どーゆーわけかネット落ちしてしまいました。最近どうも無線LANの調子が悪くていけません。

それでもせめて撮影した画像だけでも何とかこちらにも更新したなと思っております。不定期更新になりつつありますが、懲りずにいらしてくださいませ。

コメント残していただけますととても励みになります。

3人の天使たちの画像は こちらからどうぞ♪ 

やっきりしょん?反抗期? - 2011.09.29 Thu

最近、ちょっと育犬に疲れております・・・

絽依君を迎えたのは、私がそうしようと決めたことですから愚痴だけは言いたく、いえ書きたくないなと思っていたのですが、ここのところふたりの自我のぶつかり合いが激しくなってきたように思うのです。

帰宅後、まず年下ながら先住犬である木雪さんをゲージから出し、その後絽依君という順番は当初のままです。そして二人をゲージから出すと即、バトルが始まります。

その間に私は汚れたゲージの掃除やら、二人のフードの用意やらをするのですが、ここ数日ちょっと目を離した隙にとんでもないところにおしっこがしてあるのですね

どちらがやったのか現行犯ではないので叱れず、黙って掃除 (以前は二人に 「ここにおしっこしたのは誰?どっち?」 と追求したりしたのですが、ワンずにわかるわけないですよね 苦笑)

絽依君はあまりちびちびおしっこをしないので、私はずっと木雪さんの やっきりしょん だろうと思っていました。

というのも、あまり甘えるのが上手ではない木雪さんが私に甘えようと寄ってくると、絽依君が邪魔をするというか、行く手を阻むように木雪さんの尻尾を噛んで、ちょっかいを出すのです。

それでバトルが始まり、木雪さんも私もタイミングを逸してしまう・・・甘え上手な絽依君は木雪さんが別の遊びに夢中になっていると、必ず私の手を舐めて甘えてきます。

そんなこんなで甘えたい時に甘えられない木雪さんのストレスが溜まり、絽依君とのバトルも、じゃれているというよりも本気化しているのではないか? また やっきりしょん をしちゃっているのではないか?

ところが或る日、偶々私が家事をしながらふっと見ると、絽依君が とんでもないところでじゃーじゃーおしっこ をしていたのです。

その前にペットシーツ移動怪事件というのもありました(笑) 私がちょっと居なくなると、ペットシーツが全く違うところに運ばれ、所々噛んだ跡があったり引き裂かれたりしていました。

これも以前はよくペットシーツを引き裂いて遊んでいた木雪さんの仕業だと思っていたのですが、やはり偶然、得意げにペットシーツを咥えて運ぶ絽依君の姿を目撃し、叱りました。

絽依君は私の目の前では本当におとなしくていい子なのですが、どうも見えないところで悪戯するのが得意のようです。そういう意味では堂々と悪戯をする木雪さんはちょっと損をしているかもしれません(笑)

この時は現行犯でしたから絽依君をきつく叱りました。今迄きちんとトイレシーツの上でおしっこやウンをしていたのに、どうして急に出来なくなってしまったのか・・・それともその時偶々だったのか・・・

それで休日に、ふたりを同時にゲージから出さず、ひとりづつ時間差で出してみました。するとやはり、トイレ以外のところでちびちびおしっこをしていたのは絽依君だったことが判明しました。

絽依君は本当に気が小さいのかどうなのかわかりませんが、目を見てダメと言っても尻尾を振っていたりするわけです。それで私も叱り方が少々きつくなってしまうのかもしれません。

でもちょっときつく叱るとまるで虐待されているかのように 「ぎゃーぎゃー」 甲高い叫び声をあげて逃げ、何処でも隙間に入り込んで、出てこようとしません。

一度などは帰宅すると引き裂かれたペットシーツが部屋の中を舞っている惨状に、ただただ溜息。ゲージ内のおしっことうんちでぐちゃぐちゃになった新聞紙とペットシーツを拾い集めました。

その後二人を個々のゲージから出して拭き掃除。そして掃除機をかけたのですが、その音に驚いた絽依君は何処かの隙間にもぐりこみ、掃除が終わっても出てこようとしません。

こういう時、木雪さんは黙って私のやることを見ています。木雪さんも決して掃除機の音が好きではないと思います。初めて掃除機の音を聞いた時はわんわん吠えていましたから(笑)

木雪さんにフードを与えた後、狭い家の中をあちこち探したのですが、絽依君はいません。この時は台所のワゴンの下に隠れていたようですが、随分時間が経ってからやっと顔を出して様子を伺っていました。

そして尻尾を振りながら出てきて、私の手を舐めるのです。私はこういう時のこの子の心理がよくわかりません。笑って誤魔化す式のずるい人間を想像してしまいますが、悪いことをしたという意識はあるのでしょうか?

もとい、トイレ以外のところでちびちびおしっこをする絽依君、褒めてもらいたいというよりも兎に角私の注意を引きたいというようなところがあるように見受けられます。

木雪さんがトイレでおしっこやうんをして褒められた後、必ずとんでもないところで両方やっているのですから・・つい最近までは木雪さんと同じトイレで真似してちゃんと出来て彼も褒められていたのに(涙)

もしかしたら絽依君も 反抗期? そして木雪さんがちびちびおしっこするのを真似て (木雪さんはトイレの上ちゃんとしますから回数が多いだけかな?)  やっきりしょん? をしちゃっているのでしょうか。


こんな状態ですから二人を同時にゲージから出した後は、私自身が追いかけっこをしているような忙しさにほとほと疲れ果ててしまいました。

もう一度絽依君にしっかりトイレのしつけする為にも、同時にゲージから出さず時間差にするしかないのかなと今ちょっと考えています・・・そしてやはり育犬は忍耐が必要ですね(苦笑)


お散歩デビュー - 2011.08.29 Mon

土曜日の朝、木雪は遂に念願のお散歩デビューを果たしました 

この日をいまかいまかと心待ちにしていた私、土曜日だというのに早々にスタンバってまして(笑) 朝の5時には出発進行~♪ 

ところが木雪さん、初めて足に触れるアスファルトの匂いをふがふが嗅ぐのに忙しく、ちっとも前に進みません 

結局家の周囲一区画を遊びながら歩いて、この日のお散歩は終了となりました・・・

20110829k-1.jpg
My little angel ちゃん(笑) 天使の羽のハーネスです

20110829k-2.jpg
Sサイズを買ったのですが木雪には大きすぎてくるくる回ってしまいました

20110829k-3.jpg
ピッタリおさまるととても可愛いと思うのですが・・・


お疲れモード - 2011.08.25 Thu

或る日の木雪さん、かなりお疲れモードだったようです。

いつもでしたらまだ大騒ぎして遊んでいる時間です。静かになったなと思ったら、うつらうつら居眠り状態(笑)

眠るとサークルに入れられちゃうと思ったのか  かなり頑張っていたのですが、やはり睡魔には勝てなかったようです、ばたっと前に倒れて眠っていました 

20110825k-1.jpg


20110825k-2.jpg


20110825k-3.jpg


20110825k-4.jpg


20110825k-5.jpg


因みに本日の画像は iphone で撮影しました。いつものデジカメ画像よりくっきりすっきり撮れているような・・・どーゆーこっちゃ???(笑)


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


Welcome to Koyuki . Roy & Khan's room

現在時刻





総記事数:




プロフィール

ルシアン

Author:ルシアン



★木雪(こゆき) 姐さん

2011年5月3日生まれ

気が強く 気儘かつ気紛れ女子

頭がよく 勘の鋭い子です

年下ながら 絽依君にはいつも

ガツンと一発 かましてマス(汗)

生後約80日後 2011年7月24日

秋田県のブリーダーさんより

我が家にやってきました



★絽依 (ロイ) 君

2011年4月1日生まれ

気弱でおとなしく 優しいおのこ

木雪姐さんには

まったく頭がアガリマセン

でも木雪姐さんのことが大好き❤

時としてラブラブ攻撃が 

激し過ぎて木雪姐さんの

パンチを浴びていますが

ほとんどめげていません

生後約150日後 2011年9月3日

愛知県のブリーダーさんより

我が家にやってきました


★香杏 (カアン) 君

2010年9月18日生まれ

マイペースの 哲学者(笑)

周囲のことを

常に冷静に観察しています

木雪姐さんのことは

嫌いじゃないけれど

どちらかというと

絽依君の方が好きかな

絽依君とはいつもまったり

仲良く Gカップル です

生後約420日後

2011年11月12日

奈良県のブリーダーさんより

我が家にやってきました

(香川県生まれです)


★ルシアン

静岡県静岡市在住

木雪・絽依・香杏の

へっぽこママ

子犬を育てるのは

本当に久し振りなので

悪戦苦闘?しながら

毎日を楽しんでいます

因みに木雪は

我が家の4代目

絽依は5代目

香杏は6代目の

ポメラニアン犬です

三人人が仲良く健やかに

成長してくれることを

願ってやみません・・・

どうぞよろしく~♪

ワンずはいくつ?

最新記事

最新コメント

カテゴリ

Diary (19)
Koyuki (19)
Roy (6)
Khan (5)
Lucienn (4)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。