topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩らしからぬ散歩 - 2011.10.12 Wed

朝晩めっきり涼しく (こちらを放置している間に随分寒くなってしまいました あせっ) なりました。 「待ってましたっ!!」 とばかりに先月中頃よりふたりを連れて、朝の散歩をしております。

何しろ虹の橋へ逝ってしまった3代目ポメラニアンのシェリは散歩が大好きな子でしたから、かつては朝こそ15分程度でしたが、夕方の散歩(ほとんど7時過ぎからでしたから夜ですね 笑) は1時間近く歩いていたものです。

シェリの全盛期は私のメタルがんがん (かなりハイチューンな曲でした 笑) に合わせて歩いていましたから、彼女は本当に元気かつ散歩好きな子だったのかもしれません。 中型犬にも負けない速さだったような・・・

「シェリと歩いた散歩コースを近い将来、木雪ちゃん、絽依君と一緒に歩きたいっ」  というのが、二人を迎えて以来の私のささやかな夢でしたから、散歩解禁日をそれこそ指折り数えて待っていたのです。

ところが・・・そうでした、散歩のお作法(笑) ハーネスやリードを付けて前に飛び出したり遅れたりせず、きちんと飼い主の左側を歩かせること それをふたりに教えなければいけないということを私は忘れていました。

というのも初代の子は亡き母がしつけをしてくれましたし、2代目、3代目の子たちは成犬譲渡で我が家に来た子たちなので、トイレのしつけや散歩は何も教えなくても出来ていた状態でしたから・・・

家の中でいくらリードやハーネスを付けて練習しても、外に出れば全く異なる環境です。道路に落ちているもの等、誘惑も多いですし。ハーネスにやっと慣れたとはいえ、リードを付けておとなしく歩いてくれるだろうか??? 散歩デビュー前日は期待と不安でいっぱいでした。

ところが、なんと絽依君はリードを全く気にすることなく、初日から私の横にぴったりついて歩いてくれました。従順な彼らしいといえばらしいのですが(笑)、怖がり故、私から離れて歩くことができないのかもしれません。

でも時々、私のほうを見上げて嬉しそうに尻尾を振ったり、スキップしているような感じで楽しそうに歩いていました。道路に落ちているものに興味を示しても、ちょっとリードを引けばまた歩き始めましたし。

一方、散歩に関しての問題児は木雪さんでした。リードが兎に角嫌い、初日はリードに噛み付いていました。そして今でもリードが鬱陶しいらしく、突然走り出したかと思うとあとはひたすらアスファルトに張り付き、動かないのです。

結局頑として動かない木雪さんを抱き上げて、絽依君と短い散歩をすることになるのですが、抱かれた木雪さんを見上げていた絽依君、木雪さんの真似をしてアスファルトに張り付こうとします(「僕も僕も」 という抱っこの要求のような・・・)

それでも絽依君はリードを引っ張れば歩き出し、その後は楽しそうに歩いていますのでなんとなく散歩らしくなるのですが、木雪さんは歩かせようと地面に降ろしてもずるずる引っ張られるだけ(汗) かと思うと突然反対方向へ走り出そうとします(滝汗)

リードがなければ、木雪さんは元気よく空き放題に興味が向く方向へ走り回るのですが、兎に角気儘な性格なので、リードで自分の行動を制約されるのが ”気に入らないっ!!” とでも思っているのかもしれません。

絽依君が歩き始めると必ず反対方向へ行こうと引っ張ります。では木雪さんが行きたい方向へと向きをを変えれば今度はアスファルトと一体化して動きません、木雪さんは一体どうしたいのだろう???

おやつ作戦 (我が家はおやつというよりももフード一粒で誤魔化していますが 笑) もやってみましたが、鼻先にちらつかせても動こうとしませんでした。褒めても食べ物で釣っても木雪さんは自分の意思に反することはやらないという頑固さを持っています。

これではお互いの為にならないと、その後、別々に散歩をすることにしました (二度散歩をするためにいつもより更に早起きする羽目になり、私は慢性寝不足状態が続いていました 苦笑)

まず5時20分頃、木雪さんを連れて近くのスーパーの駐車場へ。こちらでリードを付けたまま放し、好きなように遊ばせます。早朝でしたらほとんど人がいないので放し飼いをしても大丈夫かなと。

木雪さんはリードをずるずる引き摺って遊んでいますから、いざとなればリードをぽんと足で踏んで押さえることが出来ます(笑) 彼女は運動能力が高いし素早いので、走り出したらとても掴まえられないと思うのです。

20分ほど木雪さんを好きなように遊ばせて、急いで帰宅。そして今度は絽依君の番です。絽依君は時々立ち止まり、私を見上げますが 「いい子ね」 と頭を撫でるとまた歩き始めます。そして近所をぐるっと一周します。こちらも20分くらいでしょうか。

今の状態ではこんな感じで朝は別々に散歩させるしかないかなと思っていました。そして夕方、私が帰宅する頃にはもう辺りはかなり暗くなっていますから、二人を歩かせるのはまだ危険かなと。 

道路にはよく他所のワンコの落し物もありますし・・・(汗)

それで、夕方の散歩は帰宅後、気分転換も兼ねて自転車の籠に二人を乗せ、30分から1時間ほど海の方向に向かって走り回ることにしています。こちらは二人にとっては散歩にはなりませんが、結構私の運動になり、いいかなと(笑) 

繁華街とは反対方向ですから、暗いといえば暗いのですが、自転車ですし、今の時期は夜の風が結構心地よいのです。

不思議なもので、散々うーうーがーがーバトルを繰り広げていたふたりが自転車の籠の中では仲良く並んでおとなしく座っているのですね、ほとんどは前方を向いていますが、時々見つめあい、舐めあったりしています(仲が良いのか悪いのかさっぱりわかりません)

車の音にも慣れさせようと往来の激しい広い道路を走る時などは、籠から飛び出さないようかなり気を使って走っていますが、ふたり同時に音のする方を見たりして、結構楽しんでいるようにも見えます。

帰宅が割合早くてお天気のよい夜は1時間くらいあちこち走り回りますが、ふたりは満足してくれているようでして、帰宅すると即うつらうつらしている時もあります(←疲れているのはこちらなんですけね 笑)

実は自転車の籠に乗っている二人の後姿が本当に可愛いらしくて、私的にはとても好きな時間なのです(笑) 自転車を走らせながら、「ああ、私ってなんて幸せなんだろう」 とマジで思ってしまいます。

もしかしたらこの散歩ならぬ散歩を一番楽しんでいるのは私なのかもしれませんね。

ところで今朝は二人をリードで歩かせてみました。絽依君は木雪さんが横にいるので大はしゃぎ♪ 嬉しそうに尻尾を振り、木雪さんにちゅっちゅっキスをしていました(笑) 

木雪さんは相変らず途中何度かアスファルトに張り付きましたが、それでも少しづつ歩く距離が伸びているように思います。(実は先日、3.5メートルの伸縮自在のリードを買いまして、木雪さんはこれで遊ばせています)

6時半頃でしたので、散歩途中のお年寄りの方たちに 「可愛いねえ」 と二人とも撫でてもらい、とても喜んでいました。二人とも人間大好き (特に木雪さんはおじいさんに抱っこされて大喜びでした) のようなので助かります。


どうも最近の私は少し焦りすぎていたようですね。まだまだ仔犬のふたりですから、何事も出来なくて当たり前、出来たことを少しづつ伸ばしてあげればよいのに、ついつい欲張ってカリカリしてしまいました(反省)

先日、多頭飼いをしている友人と会ったのですが、彼女からも言われました 「悪戯をしてもあまり怒らず、ゆったり構えていればいいのよ、ワンコには何度も教えて言い聞かせるしかないのだから」 と。

折角与えられたこの貴重な時間を怒ったり悩んだり気分が暗くなって終わらせるのは、本当に勿体無いですよね。

「出来ても出来なくてもいいんだ、こんなものなのだ。ふたりに合った解決策をゆっくり考えてゆけば良いのだ」 と今は少しだけですが、余裕のようなものが出来てきたように思います・・・


20111012k-1.jpg
9月に水見色に行った時の画像の残りです 

20111012k-2.jpg
この頃はまだ暑かった・・・

20111012k-3.jpg
二人で遊んでいる時がやはり幸せなのでしょうか(笑)

 

● COMMENT ●

お疲れ様です!

でも、行く手が見えてきてよかったですね。
そう、まだまだ赤ちゃんなんですよ、ふたりとも。

ゆっくり、焦らずにね。

>出来てもできなくてもいいんだ
そうそう、だけど、その気持ちに達するまでが、長いんですよね・苦笑

これから寒くなります、
ルシアンさんは、お散歩、暖かくして行ってくださいね。

くーみんさんへ

ありがとうございます、確かに少々疲れております(笑)

ついつい 「昨日出来たことがどうして今日は出来ないの?」 と
ふたりに大きな要求をしてしまいます。

人間の子供だって同じことを何度も何度も
繰り返して教えなければ覚えないのですよね。
まして相手はワンコです(笑)

それでも我が家のワンずは覚えが早い方だと
思います。
出来たことは大げさに褒めて覚えさせる・・・
こういう基本的なことも忘れがちになります。

ホント、朝晩寒くなりましたね。
散歩には丁度良い季節になりました。
薄手とはいえ毛皮を着ているようなふたりですから
元気に走り回っています。

私は薄着で慌てて出掛けしまうので
気をつけたいと思いま~す(笑)

こんばんは

木雪ちゃんや絽依くん のお散歩の様子、目に浮かびます。
とても覚えのいいかわいい子たちだから 大人になってきっとルシアンさんのいいお話し相手(?)になってくれますよ。 愚痴も聞いてくれるし、悲しい時はなぐさめてもくれる。 うれしい時も一緒。
もうすぐですね。

こたママさんへ

こんにちは ご無沙汰してしまっています、すみません。

近頃は私も朝の散歩を楽しめるようになってきました。
以前は木雪さんを歩かせるだけで大変でしたので(笑)

成長するに従って、うんの回数も減り、どんどん楽になっています。
おしっこも我慢できるようになってきているようです。
育犬ノイローゼになりかかった頃が懐かしいような・・・

木雪さんも絽依君も私の顔をじっと見ている時があります。
表情を読もうとしているのでしょうか?
ワンコたちは言わなくても感じることがいっぱいあるようにも思えます。

話しかければ首を傾けて、何かを考えているような時もあります。
ふたりとも本当に可愛いなあと最近は特にそう思います(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://koyuki0503.blog.fc2.com/tb.php/23-46f5d931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな進歩 «  | BLOG TOP |  » やっきりしょん?反抗期?


Welcome to Koyuki . Roy & Khan's room

現在時刻





総記事数:




プロフィール

ルシアン

Author:ルシアン



★木雪(こゆき) 姐さん

2011年5月3日生まれ

気が強く 気儘かつ気紛れ女子

頭がよく 勘の鋭い子です

年下ながら 絽依君にはいつも

ガツンと一発 かましてマス(汗)

生後約80日後 2011年7月24日

秋田県のブリーダーさんより

我が家にやってきました



★絽依 (ロイ) 君

2011年4月1日生まれ

気弱でおとなしく 優しいおのこ

木雪姐さんには

まったく頭がアガリマセン

でも木雪姐さんのことが大好き❤

時としてラブラブ攻撃が 

激し過ぎて木雪姐さんの

パンチを浴びていますが

ほとんどめげていません

生後約150日後 2011年9月3日

愛知県のブリーダーさんより

我が家にやってきました


★香杏 (カアン) 君

2010年9月18日生まれ

マイペースの 哲学者(笑)

周囲のことを

常に冷静に観察しています

木雪姐さんのことは

嫌いじゃないけれど

どちらかというと

絽依君の方が好きかな

絽依君とはいつもまったり

仲良く Gカップル です

生後約420日後

2011年11月12日

奈良県のブリーダーさんより

我が家にやってきました

(香川県生まれです)


★ルシアン

静岡県静岡市在住

木雪・絽依・香杏の

へっぽこママ

子犬を育てるのは

本当に久し振りなので

悪戦苦闘?しながら

毎日を楽しんでいます

因みに木雪は

我が家の4代目

絽依は5代目

香杏は6代目の

ポメラニアン犬です

三人人が仲良く健やかに

成長してくれることを

願ってやみません・・・

どうぞよろしく~♪

ワンずはいくつ?

最新記事

最新コメント

カテゴリ

Diary (19)
Koyuki (19)
Roy (6)
Khan (5)
Lucienn (4)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。