topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな進歩 - 2011.10.24 Mon

朝の散歩は二匹一緒に、つまり三人で歩くというスタイルが何となく定着してきました。

相変わらずアスファルトとの一体化を計る木雪さんをなんとかなだめながら、歩かせます。絽依君は散歩が本当に好きなようです。歩き始めると目が耀き、足取りも軽くスキップしているように楽しさを表現しています。

初日、嬉しさのあまりでしょうか、私より前に出て走り出しそうになりましたので、リードを引き、横にきちんと付いて歩くことを教えましたら、それからは私の歩幅に合わせて、横にぴったり付いて歩くようになりました。

木雪さんは一度歩き始めると前へ飛び出し、ぐんぐん引っ張ります。ゆくゆくは私の左側にちゃんと二人を並ばせて歩きたいと思っていますが、今はあまりリードを引かず、木雪さんの好きなように歩かせています。

散歩し始めの頃を思えば、木雪さんが歩いてくれるだけでも素晴らしい進歩ですから、焦らない、焦らない(笑) と私は常に自分に言い聞かせています。

実は絽依君は反応が遅い子なのかなと思っていたのですが、私が教えたことに対しての覚えの早さには正直、驚いています。 食事のときの 『待て』 は初日から出来ました(食に対しての欲求が希薄のようでして、ガツガツしないから出来るのかな? 笑)

その後 『お手』 と 『おかわり』 を教えましたら、これは1日(つまり朝晩2回の食事時ですね)で覚えてしまったようです。トイレについても木雪さんを見習ったらしくて即、覚えてくれましたし(時々失敗することもありますが 笑)

木雪さんは絽依君以上に覚えが早いのですが、 『待て』 に関してはなかなか大変です(汗) 食事前はフードに全神経が集中し今にも飛び掛らんばかりの風情でじりじりしていますので、お尻を押させてやっと座らせ、尻尾を掴んで待たせている状態です。

ただ、木雪さんは頭が良いのであれこれ考えるようですね。例えば紐付きコングで遊んでいた時は、投げたコングの紐を私が手繰り寄せるのをじっと見ていて、同じように自分のすぐ近くまで紐を手繰り寄せ、咥えて私のところへ持ってきました。

また、一度コングを咥えてきてぽとんと私の前で落としたので 「木雪ちゃん、お利口ね」 と頭を撫でたら、その後コングを投げて欲しい時 (我が家では 「取ってこ~い遊び」 と言っています) は私の足元にコングを落とすようになりました。

因みに絽依君はコングそのものには興味を示さないのですが、兎に角木雪さんと遊びたいようです。木雪さんが咥えてきたコングを、途中で待ち伏せし!! 一緒にコングの端を咥えて嬉しそうに並んで走ってきます。

(←木雪さんにとっては、折角自分が取りに行き、持ってきたコングを横取りされたような気分になるのかもしれません。木雪さんが絽依君に噛み付き、バトルが始まるのはこんな時が多いような・・・)

もとい、朝の散歩はぐるっと近所を一周してから、スーパーの駐車場へ行くのが定番になりました。ここで木雪さんは長~いリードを付けて好きに遊ばせます。絽依君と私は木雪さんに付いて歩く感じでしょうか。

毎朝、散歩をしているお達者倶楽部 (おじいちゃんとおばあちゃんのグループ) の皆さんが二人をとても可愛がってくれます。特に木雪さんは人が好きなので、うれしょん しながら尻尾をちぎれんばかりに振り、匍匐前進して皆さんの元へ(笑)

皆さんもそんな木雪さんを可愛いと思ってくださるようでして 「白い子は全身で喜びを表していて、本当に可愛いねえ」  などと言いながら撫でたり抱っこしたりしてくださいます。

絽依君はちょっと人見知りでしょうか。自分から進んでは行きませんが、おばあちゃんの手を舐めたり、嫌がることなく抱かれたりしています。二人の社会化にこんな嬉しいことはありませんから、この方たちにはいつも感謝しています。

最近は夜明けが遅くなりましたので私は6時半過ぎに家を出るのですが、皆さん7時頃にワンコと散歩をされているようですね。他のワンコたちとも慣れて欲しいなと思うのですが、ワンコ連れの方たちとなかなか出逢う機会がなくてちょっと残念です。


そうそう相変わらず私の落し物拾いは続いております。木雪さんも絽依君もほとんど外ではウンをしません (ウンをさせてから出掛けているからかもしれませんが)  が、スーパーの駐車場にはどーゆーわけか大きなウンが落ちています。

紙で摘むと固くなっていますから(滝汗)、 多分スーパー閉店後、つまり夜の10時過ぎにここに連れてきてウンをさせてそのまま帰っちゃう飼い主さんがいるということでしょうか。 二人が踏んだりしないようによく見ながら歩いていることもあるかと思いますが、ほぼ毎日、ウンを見つけてしまいます。

しかし私はもう腹を立てるのはやめました。 「はいはい、今日もまたウンを見つけちゃいましたよ~ これ拾って 良い運 がつきますように」 と念じながら拾っております(笑)


こんな感じで私の 「理想の散歩」 には少しづつ近づいてきているように思います。ゴールはまだまだ先ですが、今は二人のこんなちょっとした進歩もとても嬉しいですし、二人が大人になっている証拠なのだなあと幸せを感じています。

● COMMENT ●

3人散歩

時間差散歩がなくなっただけでも すごくラクになったでしょう?
忙しい朝に 時間差で散歩させてあげてるなんて ルシアンさんは 凄い!と
感心する反面 体力は大丈夫?と心配してました。
3人 一緒に行けると 1回で十分な長さの散歩ができて いいですね。
それぞれの個性が ハッキリしていて それも 飼い主の楽しみの1つでは?
外での 対応も それぞれで でも 可愛がってもらえて 嬉しいですね。
ウン拾いは 立派です。 自分の子のじゃないのに。
落としたままの飼い主・・・見習え!!

もにもにさんへ

今はホント、散歩ってこんなに楽しかったの?という感じです(笑)
ワンずに満足感を与える為には私の多少の犠牲は・・・
などと思ってはいたのですが、これが毎日となると、正直大変でした。

時間的にも余裕が出来ましたし、ワンずも楽しんでいるようです。
「散歩行くよっ」 と言うと木雪さんは小躍りしていますし、
絽依君も千切れんばかりに尻尾を振って喜んでいます(笑)

よくも相反する二人だなあと感心することばかりです。
見知らぬ方に可愛がっていただけるのはパピーの強みですね。

ウン拾いは習慣化しちゃったみたいです、落ちていないと探したりして(爆)
ワンずが踏んだり口にしたりするのは勿論嫌ですが、
うちのワンずのブツだと思われるのが嫌というのが正直な気持かも(笑)

落し物については、罪悪感のないひとにいくら言っても無駄かもしれません。
気がついたら拾うしかないかなと思っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://koyuki0503.blog.fc2.com/tb.php/24-087cae71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワンずの社会性 «  | BLOG TOP |  » 散歩らしからぬ散歩


Welcome to Koyuki . Roy & Khan's room

現在時刻





総記事数:




プロフィール

ルシアン

Author:ルシアン



★木雪(こゆき) 姐さん

2011年5月3日生まれ

気が強く 気儘かつ気紛れ女子

頭がよく 勘の鋭い子です

年下ながら 絽依君にはいつも

ガツンと一発 かましてマス(汗)

生後約80日後 2011年7月24日

秋田県のブリーダーさんより

我が家にやってきました



★絽依 (ロイ) 君

2011年4月1日生まれ

気弱でおとなしく 優しいおのこ

木雪姐さんには

まったく頭がアガリマセン

でも木雪姐さんのことが大好き❤

時としてラブラブ攻撃が 

激し過ぎて木雪姐さんの

パンチを浴びていますが

ほとんどめげていません

生後約150日後 2011年9月3日

愛知県のブリーダーさんより

我が家にやってきました


★香杏 (カアン) 君

2010年9月18日生まれ

マイペースの 哲学者(笑)

周囲のことを

常に冷静に観察しています

木雪姐さんのことは

嫌いじゃないけれど

どちらかというと

絽依君の方が好きかな

絽依君とはいつもまったり

仲良く Gカップル です

生後約420日後

2011年11月12日

奈良県のブリーダーさんより

我が家にやってきました

(香川県生まれです)


★ルシアン

静岡県静岡市在住

木雪・絽依・香杏の

へっぽこママ

子犬を育てるのは

本当に久し振りなので

悪戦苦闘?しながら

毎日を楽しんでいます

因みに木雪は

我が家の4代目

絽依は5代目

香杏は6代目の

ポメラニアン犬です

三人人が仲良く健やかに

成長してくれることを

願ってやみません・・・

どうぞよろしく~♪

ワンずはいくつ?

最新記事

最新コメント

カテゴリ

Diary (19)
Koyuki (19)
Roy (6)
Khan (5)
Lucienn (4)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。